脱毛サロン トラブル

脱毛サロンや医療レーザーでのトラブル

今回は脱毛サロンでのトラブルについて書かせていただきます。
下記の脱毛サロンあるあるを参考にしてくださいね。

■脱毛サロントラブルあるある…『勧誘』
脱毛サロンのスタッフによる『プランのご提案』や『自宅ケア商品の紹介』に関するトラブルです。
上記をただ単に『提案』『紹介』と受け止められるか『勧誘』と受け止めるかで心情が違ってきます。
また、脱毛サロンでは期間限定のキャンペーンやお得なサービスをおすすめされることもすくなくありません。
これらはファストフード店で単品商品買いの顧客に『ポテトもご一緒にいかがですか?』と同種の営業トークと思えば良いのです。

ご自身が必要であれば受ければ良いですし、不必要と感じたらお断りすれば良いだけです。
この営業トークが煩わしいのでしたら施術中は寝ているふりでもしてたら良いのです。
眠っているお客様を起こしてまで勧誘するサロンは希です。

そんな対処法も面倒くさいというあなたは最初から勧誘がない脱毛サロンを選ぶべきです。

脱毛ラボのように常に予約が詰まっているサロンでは勧誘よりも既にある予約をこなすことに重点が置かれているためです。


■脱毛サロントラブルあるある…『施術後の肌トラブル』

そもそも脱毛という行為自体、皮膚や毛根を刺激するので肌ストレスがあるのは当然なのです。
脱毛サロンでは肌トラブルを防ぐために『クールダウン&保湿』が施術に含まれています。
脱毛した部分が赤くなったり熱を帯びることは自然ななりゆきなので『クールダウン&保湿』を施すことで悪い症状が出ないように肌をいたわっているのです。

また、施術前の肌の状態や肌タイプ(乾燥肌、敏感肌など)によって肌トラブルになる確率は個人差があります。
肌トラブルにならないように事前にカウンセリングやパッチテストを行うことはとても重要です。
そして、お試し体験を利用する(おすすめする)こともトラブル回避には有効です。

ちなみに、脱毛ラボのSSC脱毛という低刺激な施術方法では肌トラブルが起きたという口コミは皆無でした。

脱毛サロンでの施術内容が正しくても(元々の肌質や、日焼け後など)が原因で脱毛後に肌トラブルになる可能性もあります。
サロンでは施術後の自宅ケアについても詳しく説明がなされます。
自宅ケアを怠ったせいで肌トラブルを起こすこともあるので一概に『肌トラブル=サロンの責任』と決め付けるのは早計です。

脱毛サロン未体験の人は肌トラブルの不安もおありでしょうが、無料カウンセリングで肌質や注意事項をしっかり聞いて不明な点はスタッフに相談しながら脱毛の施術を受ければトラブルに合うこともめったにないのです。
ですが、脱毛サロンでトラブルの可能性はゼロではないというこを知っておいて損はないですね。


■脱毛トラブルあるある…『金銭トラブル』
金銭トラブルの原因の上位は
・「強引な勧誘」に流されて「契約をしてしまった」
・予定内で脱毛完了できずに「追加料金が発生した」
などです。

金銭トラブルがあると脱毛効果を得ても後味が悪くなりそうですね。
そんな金銭トラブルを未然に防ぐために脱毛サロン側も企業努力はしています。

「ルールの明記」をすることです。
脱毛サロンも費用面でのトラブルは企業のイメージダウンになるので避けたいのです。
ほとんどの脱毛サロンの公式サイトに
・「強引な勧誘は一切しません」
・「追加料金は一切かかりません」
と明記されているのも事実です。

ルール違反をするスタッフがいればお客様センターに通報するよう促している企業もあるくらいです。
金銭トラブルに巻き込まれないようにルール確認を怠らないようにしましょう。

■脱毛トラブルあるある…『痛い!』
光脱毛は低刺激ですが痛みの感じ方は個人差が大きいので敏感な人は説明されていたより痛く感じることもあります。
脱毛サロンでは痛くないよう施術方法を工夫されているので、施術中に痛いと感じたら無理せずにスタッフに伝えましょう。
これは歯医者さんで治療を受けるときと少し似ていますね。

しかしながらサロンが無痛に近づけようと頑張ってもデリケートゾーンや顔のように皮膚が薄い部位は無痛とはなりにくいようです。
結果、
・施術中の多少の傷みは想定内
・術後何日も痛むのは想定外

■脱毛トラブルあるある…『レーザー脱毛の痛み』
痛みが我慢できない場合麻酔してもらえますが麻酔代は別料金の場合もあるので事前に確認しましょう。
レーザー脱毛は医療行為なので医療機関が行います。
レーザー脱毛=永久脱毛と言われていますが、毛周期によってはレーザー脱毛でも施術しきれない場合があります。
光脱毛でも根気よく施術を受け続ければ永久脱毛効果が得られるという報告もあるので、脱毛に費やせる費用と時間次第ではレーザー脱毛に優る部分もありますからよく検討されてから決めることをおすすめします。

■脱毛トラブルあるある…『ニードル脱毛=電気針脱毛の痛み』
脱毛方法の中でダントツトップの痛さが定評です。
毛穴の奥に電気針を指して直接毛乳頭を刺激する手法で脱毛後その毛穴からは生えなくなります。
スタッフの施術スキルが低いと痛いうえに効果半減なうえ時間とお金がかかります。